松田一也町長から町民栄誉賞を受けるプロ野球DeNAの濵口遥大投手=基山町民会館

 佐賀県三養基郡基山町は31日、プロ野球セ・リーグDeNAでセ・リーグ新人特別賞を受賞した濵口遥大(はるひろ)投手(22)に、町民栄誉賞を贈った。濵口投手は授賞を喜び、「プロ野球選手として勇気、感動を与えられるよう頑張りたい」とさらなる飛躍を誓った。同賞の授賞は3人目。

 濵口投手は町内の「基肄城タイガース」で野球を始め、基山中、三養基高を経て、神奈川大に進学。大学日本代表に選ばれるなど活躍し、2016年のドラフト1位でDeNAに入団。1年目から10勝を上げ、日本シリーズでも快投を見せた。

 授賞式は町民会館であり、町民ら約470人が来場。松田一也町長が「濵口選手の活躍は町民に勇気を与えてくれた」と賞状を手渡した。濵口投手は「基山町で素晴らしい人々と出会えたのは僕の中でかけがえのない財産。少しでも長くプロとして頑張っていきたい」と感謝した。

 式典に先立ち、濵口投手は町内の少年野球3チームや基山中野球部の選手と交流した。

このエントリーをはてなブックマークに追加