1回戦・佐賀東-関東第一 後半、先制ゴールを決めて喜ぶ佐賀東・中里知己(9)=駒沢

 第96回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕した。開会式直後の1回戦に登場した佐賀県代表の佐賀東はFW中里とDF都渡がゴールを決め、関東第一(東京B)を2-0で破り2回戦に進んだ。

 開会式では都道府県大会を勝ち抜いた48代表校(東京2校)が入場行進した。青森山田の主将が初優勝した前回大会に続いて選手宣誓を務め、小山内主将は2020年東京五輪を見据え「日本サッカーの未来への道を担うのは、ここにいる私たち」と堂々と述べた。

 第2日の31日は首都圏8会場で1回戦の残り15試合を実施。佐賀東は1月2日午後0時5分から、東京都の味の素フィールド西が丘で北陸(福井)-日章学園(宮崎)の勝者と対戦する。

▽1回戦

佐賀東2 0―0 2―0 0関東第一(東京B)

▽得点者【佐】中里、都渡

このエントリーをはてなブックマークに追加