東京から到着し、大きな荷物を運ぶ孫の姿に出迎えた祖父母の顔もほころんだ=29日午後、佐賀市川副町の佐賀空港

 年末年始を佐賀で過ごす人たちの帰省ラッシュが本格化している。佐賀空港着の羽田、成田便は29日、全便満席となった。到着ロビーには「ただいま」「おかえり」と弾んだ声が飛び交い、家族との再会に笑顔が広がった。

 佐賀空港着の羽田発の5便、成田発の1便はいずれも満席となり、ロビーは到着時間になると、家族の出迎えもあって混雑した。

 家族4人で佐賀市に帰省した福山絢斗君(5)と妹の莉子ちゃん(3)は、祖父母や叔母を見つけると駆け寄って抱きついた。2人は「おじいちゃんたちと、たこ揚げするのが楽しみ」とうれしそうだった。祖母のまち子さんは「会うたびに大きくなり、おしゃべりも上手になっています」と孫の成長に目を細めた。

 JR九州の長崎線、佐世保線も一部の特急で自由席乗車率が120%となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加