決勝・サガン鳥栖U-15-FC東京U-15深川 前半2分、鳥栖FW田中禅がゴールを決め先制する=東京都の味の素フィールド西が丘(C)S.D.CO.,LTD.

 高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会は28日、東京都の味の素フィールド西が丘で決勝があり、サガン鳥栖U-15(九州第1代表)がFC東京U-15深川(関東第2代表)をPK戦の末に下し、初優勝を飾った。

【戦評】

 延長後半の土壇場で追い付いたサガン鳥栖U-15がPK戦を制した。

 鳥栖は前半2分、MF西村の縦パスに反応したFW田中禅が右足を振り抜いて先制。優位に試合を進めたが、37分、FC東京深川に一瞬の隙を突かれ、同点とされた。後半、延長前半はともに追加点を奪えなかった。

 鳥栖は延長後半6分、セットプレーから勝ち越しを許したが、ロスタイムに間接FKのこぼれ球をFW坂口が押し込んでPK戦に持ち込んだ。PK戦は両チームとも5人目までが全員成功。6人目はともに外した。鳥栖GK永田が7人目のシュートを止め、最後は坂口が落ち着いて決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加