施設利用者にフラダンスを披露する唐津上場商工会女性部=唐津市呼子町の「延寿荘」

施設利用者に踊りを披露する唐津上場商工会女性部=唐津市呼子町の「延寿荘」

 唐津市の上場地区(肥前町、鎮西町、呼子町、東松浦郡玄海町)の商工会女性部が21日、呼子町の特別養護老人ホーム「延寿荘」を慰問した。利用者54人と一緒に、歌を歌ったり踊ったりして交流した。

 女性部員20人が、フラダンスや「唐津よいよい節」などを披露すると、利用者は手拍子を送った。中には立ち上がって一緒に踊りだす人もいた。手編みの膝掛け27枚もプレゼントした。

 入居者の平田久美子さん(73)は「普段は静かな施設がにぎやかになるのでうれしい。知ってる踊りもあって楽しかった」と笑顔を見せた。

 地域貢献の一環として2014年に始め、今年で4町を回り終えた。慰問はこの日で最後の予定だったが、施設利用者や職員から「また来て」「やめないで」との声が寄せられ、今後も続けることに。女性部の古舘日登美部長は「喜んでくれるとこちらも元気になれる。これからも地域の先輩たちに恩返ししていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加