「あんたが誰だか分からん」―。数年ぶりに会った祖父の記憶から私が消えていた。祖母が改めて紹介すると、不機嫌そうな顔をして眠ってしまった。気軽に相談に乗ってくれて、いつもエールを送ってくれた祖父。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加