上峰町が関東地方で放映しているふるさと納税を呼び掛けるCMの1場面

 上峰町は、ふるさと納税を呼び掛けるテレビCMを関東1都6県で放映し、好評を博している。ふるさと納税のCMは全国的にも珍しく、町は「寄付額アップにつながれば」と期待している。

 CMにはタレントの大沢あかねさんを起用し、ふるさと納税の返礼品として使われる佐賀牛、タマネギ、米の町内生産者が出演。大沢さんが「すごくおいしかったです」と笑顔を見せると、生産者が大沢さんやふるさと納税を寄付してくれた人に対し、「選んでくれてありがとうございます」とお礼を言う内容となっている。

 CMはふるさと納税の申し込みが増える年末に合わせ、31日まで放映される予定。テレビのほか、東急電鉄4路線の車内ビジョンでも流されている。

 同町のふるさと納税の額は2015年が20億6175万円、16年が45億7323万円で、今年は11月末現在で31億2092万円と増加傾向にある。町まち・ひと・しごと創生室は「CMを通してもっと上峰町を知ってもらえれば」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加