女子の部で準優勝した武雄の選手たち=福岡県宗像市のグローバルアリーナ

 団体戦の「2017サニックス旗福岡国際中学生柔道大会」が26日、福岡県宗像市のグローバルアリーナであり、佐賀県勢は女子の武雄が準優勝を飾った。

 武雄は8月の全国中学校体育大会で個人3位の橋口茉央を軸に躍進。準決勝は東海大静岡翔洋を代表者戦の末に下した。決勝は広陵(奈良)に惜しくも敗れた。

 大会に臨む態度が評価された女子の有田は「グッドマナー賞」に輝いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加