高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会は26日、東京都の味の素フィールド西が丘で準決勝2試合があった。サガン鳥栖U-15(九州)は清水エスパルスジュニアユース(東海)を1-0で下し、決勝進出を決めた。

 サガン鳥栖U-15は終了間際の後半38分、DF中野伸哉の左クロスにFW田中禅が頭で合わせ、試合を決めた。

 決勝は28日午後1時から同会場であり、サガン鳥栖U-15はFC東京U-15深川(関東)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加