腕の振りを鋭くするためにボールを投げて手本を見せる藤原里華プロ=佐賀市のグラスコート佐賀テニスクラブ

 県テニス協会(緒方うらら会長)は25日、佐賀市のグラスコート佐賀で小中学生を対象に強化練習会を開いた。6年後に迫る佐賀国体に向けた強化策の一環で、佐賀第一ライオンズクラブ(岡村祐臣会長)が後援して3回目。

 練習会には県内の小学4年から中学3年までの強化指定選手40人が参加。全日本選手権優勝や全仏オープン4強入りの経験を持つ講師のプロテニスプレーヤー、藤原里華さん(36)=北日本物産=は、「体幹を意識して正しい姿勢を」「練習の意味を考えながら体を動かして」などとアドバイスした。練習会には県協会でジュニアの育成に携わるコーチ陣も参加し、佐賀グリーンテニスクラブで子どもたちを指導する石井靖晃さん(27)さんは「あこがれのプロに教えてもらえる貴重な機会。選手はここで得た気付きを日ごろの練習に生かしてほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加