息の合った演奏を披露する出演者ら=佐賀市の文化会館

 第43回県吹奏楽アンサンブルコンテスト(県学校吹奏楽連盟など主催)が23日、佐賀市の文化会館であった。県内の小学生から一般まで66団体369人が、息の合ったハーモニーを奏でた。審査の結果、小学生の部で嬉野小など8団体が九州大会への切符を手にした。

 1グループは3~8人までの規定で、クラリネットのみの単一楽器での演奏や、金管楽器や打楽器を組み合わせたものなど音楽の多様性を感じさせる大会だった。練習の成果が見えるチームワークばっちりのパフォーマンスに、1曲が終わるごとに大きな拍手が起きていた。

 九州大会は「第43回九州アンサンブルコンテスト」と題して、来年2月10、11日の両日に同会館で開催される。

 県代表に選ばれたのは次の通り。

 ▽中学の部 鹿島西部、昭栄、城南▽高校の部 龍谷、佐賀学園▽一般の部 佐賀市民吹奏楽団、サクソフォンアンサンブルReveCourir

このエントリーをはてなブックマークに追加