クレーンなどの落下物が道路を防ぎ、片側交互通行になっている国道34号=神埼市神埼町姉川

 25日午後1時40分ごろ、佐賀県神埼市神埼町姉川の国道34号で、大型トラックの荷台からウエート(重り)や、クレーンの部品が路上に落下し、一時通行止めになるなど交通規制が続いた。

 神埼署によると、トラックを運転していた男性から「前の車が止まったので、急ブレーキを踏んだら荷物が落ちた」と110番があった。落下したのは、約9トンのウエート二つとクレーンのアーム部分で、ウエートが下り車線をふさいだ。

 現場付近は片側交互通行が続き、夕方にはウエートの撤去作業に伴って一時、全面通行止めになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加