殺処分に向かうため防護服を身に着ける職員ら=2月4日、杵島郡江北町のB&G海洋センター

 県内2例目の高病原性鳥インフルエンザが2月に発生した。防疫対応に県や町、JAの職員、建設業者、自衛隊員ら延べ約4500人を動員し、発生養鶏場の約7万1千羽を殺処分。卵76万7500個と共に埋却した。半径3キロ圏で飼育されていた約5万8千羽の鶏や卵には、感染拡大がないことを確認する「終息」まで24日間、移動制限がかかった。

 新年度からは、小中学生の給食費完全無料化を実施。ふるさと納税の返礼品メニューを充実し上積みした基金が財源で、約4千万円を予算化した。県内では藤津郡太良町に続き2例目の事業となった。

 9月に香港であった「BFA女子野球アジアカップ」には、町出身の緒方佑華選手(18)=福岡・折尾愛真高3年=が日本代表の捕手として出場した。初代女王に貢献した上、MVPとベスト9に選ばれる大活躍を見せた。

■3大ニュース  

(1)鳥インフルエンザ発生

(2)小中学生の給食費完全無料に

(3)緒方さん日本代表で活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加