佐賀善意銀行の蕪竹真吾運営委員長から、目録を受け取る内田直美さん=佐賀市の長光園

 県共同募金会(井田出海会長)による歳末助け合い運動で集まった募金の贈呈式が25日、県内2カ所の福祉施設であった。

 このうち佐賀市の障害者支援施設「長光園」(宮崎一哉園長)には、佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)の蕪竹真吾運営委員長が訪れ、「皆さんのことを気に掛けている人たちが佐賀にはたくさんいることを感じていただければ」とあいさつし、目録を手渡した。利用者を代表して内田直美さん(58)が「園のみんなで大切に使わせていただきます」とお礼を述べた。

 同運動は1日から25日まで実施。同会や佐賀善意銀行、農漁協、各金融機関などの窓口を通じて県民の善意が寄せられた。今回の配分額は約416万円で、県内142施設に贈られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加