佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、自衛隊との共用を否定する文言のある公害防止協定覚書付属資料の解釈について、山口祥義知事と秀島敏行佐賀市長が25日、市役所で会談した。非公開の会談後、取材に応じた秀島市長は「漁業者に対する思いは一致していると感じた」とした上で、「思いが一緒でもやることは違うかもしれない」と述べた。

 山口知事はこの日、公害防止協定を結んでいる県有明海漁協、JAさがも訪問した。

このエントリーをはてなブックマークに追加