多良正裕町長と談笑する宮原真希さん=吉野ヶ里町役場

 吉野ヶ里町の宮原真希さん(11)=三田川小=が「第70回県児童・生徒理科研究発表会」の小学5年生の部で県知事賞を受賞し、22日に多良正裕町長に報告した。宮原さんは「(知事賞を)取れる自信はあった。本当にうれしい」と喜んだ。

 テーマは、昨年に引き続き調べた「田手川の水生生物調査part2」。昨年は8月に2度調べたが、今回は「どの時期に卵を産み、羽化し、育てているのか」と1年間を通して調査した。同校の卒業生青木ひなたさん‖致遠館中1年‖が、昨年の発表会で知事賞を獲得。先輩の勇姿を間近で見たことも研究の励みになった。

 今年は中流までの2地点で調査し、絶滅危惧種のオヤニラミやヤツメウナギを見つけたという宮原さん。来年は田手川下流域や城原川などの地点を増やし、「もうちょっとレベルアップした発表をしたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加