笑顔で開会式に臨む男子・鳥栖工、女子・清和の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナ

 男子第68回・女子第29回全国高校駅伝競走大会の開会式が23日、京都市内であり、佐賀県代表の男子・鳥栖工、女子・清和の選手たちが本番での健闘を誓い合った。大会は24日、同市の西京極陸上競技場を発着点に男子(7区間42・195キロ)、女子(5区間21・0975キロ)のコースで各47校が熱戦を繰り広げる。

 開会式後の激励会では、県教委の白水敏光教育長と県高体連の吉松幸宏会長が「最後まで諦めず、強い絆でたすきをつないで」と激励した。鳥栖工の三俣友作主将は「チーム一丸となって全国入賞を目指す」と力を込め、清和の松田智美主将は「元気に明るく京都のまちを駆け抜ける」と抱負を語った。

 鳥栖工は昨年の都大路で8位入賞に14秒及ばなかった雪辱に燃え、清和は県大会をけがで欠場したエース大久保麻紀が復帰。どちらも主力をそろえて本番に臨む。両校を代表し、鳥栖工の古川昌道監督は「みなさんの思いを胸に、心のたすきリレーをする」と語った。大会は女子が午前10時20分、男子が午後0時半にスタートする。

【男子・鳥栖工オーダー】

区間 距離    選手

1区(10キロ)   西久保 遼

2区(3キロ)   三俣 友作

3区(8.1075キロ) 森  智哉

4区(8.0875キロ) 山崎 諒介

5区(3キロ)   佐々木亮輔

6区(5キロ)   武藤 圭汰

7区(5キロ)   杉 彩文海

【女子・清和オーダー】

1区(6キロ)   大久保麻紀

2区(4.0975キロ) 山口  遥

3区(3キロ)   山下  藍

4区(3キロ)   山下 花音

5区(5キロ)   渡辺 夕奈

このエントリーをはてなブックマークに追加