佐賀北―広島皆実 第1クオーター、ドリブルで攻め込む佐賀北・古賀=東京体育館

 夏の南東北総体に続き、全国の大舞台に挑んだ佐賀北は広島皆実の一気に畳み掛ける攻撃に屈し、大差での初戦敗退となった。金村多笑主将ら選手たちは悔しさをかみしめる一方、「やりきった」といった表情でコートを後にした。

 序盤は思惑通りのロースコアの展開に持ち込んだが、「我慢したいところで相手に流れをもっていかれた」と中島耕一監督。両サイドを自在に使われ点差を広げられた。

 それでも第3クオーター以降は意地を見せた。リズムよくパスを回し、得点源の古賀君香、田中萌々香が3点シュートやゴール下での粘りある動きで得点を重ねた。

 全国で勝つ難しさを痛感した一戦となったが、「丁寧に戦ってくれた」と中島監督。4人の1、2年生もコートに立ち、「いい宿題をもらった。2度も全国に連れてきてくれた3年生に感謝したい」とねぎらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加