センバツ21世紀枠の九州地区候補校に選ばれた伊万里の選手たち=伊万里市の同校

九州地区候補校の表彰盾を受け取った伊万里の犬塚晃海主将=伊万里市の同校

 来春の第90回記念選抜高校野球大会に向けた「21世紀枠」の九州地区候補校に伊万里が選出されたことを受けた表彰式が22日、伊万里市の同校であった。

 式では、犬塚晃海主将が候補校の表彰盾を受け取り、「期待に応えられるように練習に取り組み、吉報を待ちたい」と語った。犬塚加代子校長は「伊万里高生全員が文武両道に励む姿が評価されたと思う」と話し、「自信と誇りを持って日々精進して」と激励した。

 同校は主戦山口修司を中心に秋の佐賀大会で準優勝。67年ぶりに九州大会に出場した。21世紀枠出場が決まれば、春夏通じて初の甲子園となる。

 県勢が九州地区候補校に選ばれたのは、第77回大会の佐賀西以来、13年ぶり2度目。21世紀枠は来年1月26日に選考委員会があり、全国9地区の候補校から3校の出場が決定する。

このエントリーをはてなブックマークに追加