政府は22日に閣議決定した2018年度予算案で、自衛隊輸送機オスプレイの配備を目指している佐賀空港の整備費として概算要求に盛り込んでいた14億円を大幅減額し、目的を環境調査費に変えて3千万円を計上した。地元の理解が得られない中で18年度中の着工は困難と判断した。

 佐賀空港に配備予定のオスプレイ17機中、最初の5機は18年秋にも米国から納入される。小野寺五典防衛相は「現時点から佐賀空港整備に着手しても、間に合わせるのは困難」との認識を示している。防衛計画課は「整備完了までの一時的な処置についてはさまざまな選択肢を検討中」とし、暫定的な配備に関する予算化は見送った。

 用地取得費や移転補償費に充てる予定だった17年度予算の30億円は現在まで執行できずにいる。今後、繰り越しに関しても検討を進める。

 オスプレイ購入費は4機分、393億円。予備部品や操縦訓練のシミュレーターなど関連経費は323億円を組んだ。14~18年度の中期防衛力整備計画に基づき取得予定のオスプレイ17機は全ての予算措置を終えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加