菓子が入った大きな袋と図書カードを受け取る児童ら=佐賀市金立町の聖華園

 佐賀県遊技業協同組合(新冨和紀理事長)が20日までに、県内6カ所の児童養護施設の211人にクリスマスプレゼントを贈った。受け取った児童は大喜び。「早く開けたい」と大切に贈り物を抱えていた。

 同組合では毎年この時期に、児童養護施設にプレゼントを届けている。2歳から19歳の44人が生活する聖華園(佐賀市金立町)では、児童を代表して小学生の3人に菓子入りの大きな袋と、図書カード2千円分が贈られた。

 受け取った女児は「毎年楽しみ。去年はすぐに食べちゃった」と待ちわびた様子。別の女児は「去年もらった図書カードはもったいないから使っていない。大切に貯金したい」と話した。

 プレゼントを手渡した同組合の清水敏行さんは「毎年、子どもたちがすごく喜んでくれて、こちらもうれしくなる」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加