無投票での4選が決まり、家族と笑顔を見せる末安伸之氏(右)=3月28日、みやき町原古賀の事務所前

 3月に行われた町長選で、現職の末安伸之氏が無投票で4選を果たした。立候補を表明していた末安氏の実兄・末安長夫氏は出馬を見送った。町長選の無投票は3回連続。末安氏は「定住促進や子育て支援などを継続させ、町民主役の町づくりをやりたい」と抱負を語った。同時に告示された町議補選では元職の山内義晃氏が当選した。

 行政と防災機能を併せ持つ町役場の新庁舎が完成した。東西2棟あり、西棟は防災会議室や防災無線の親局、一時避難所などの防災機能を備え、町長室なども入る。東棟には備蓄倉庫や消防車格納庫があり、周囲には防災広場を整備した。

 40年にわたり戦没者の遺骨収集を続けてきた塩川正隆さんが心身の衰えを理由に活動に終止符を打った。探し続けた父親や叔父の遺骨は発見できていないものの、今後の国の取り組みに望みを抱く。

 

 ■3大ニュース  

 

(1)末安町長が無投票4選

(2)新庁舎・防災センター完成

(3)戦没者の遺骨収集に区切り

このエントリーをはてなブックマークに追加