【複写】県理科研究発表会で知事賞に輝いた宮原真希さん

 宮原さんは先月11日、鹿島西部中学校で行われた第70回佐賀県児童生徒理科研究発表会(県理科教育振興会主催)で「田手川の水生生物調査2」を発表しました。昨年も同じテーマで入賞し、今回は特選知事賞に輝きました。

 この調査研究を始めようと思ったきっかけを「身近な川にはどのような生き物がいるか知りたかったからです」と語っています。

 投網や捕獲用玉網などを駆使し、範囲や方法を工夫して毎月調査。田手川に絶滅危惧種や準絶滅危惧種の生息も確認しました。調査研究でつらかったことは「寒い朝も早起きし、調べに行った時」ということです。

 調査を通して、いろんな生き物の名前や特徴を知ることができたそうです。受賞の喜びを「頑張ったかいがありました」と話していました。 (地域リポーター・江原邦興=神埼市)

このエントリーをはてなブックマークに追加