全ての人に温泉旅行を楽しんでもらいたいと願う佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターのみなさん

 佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターは高齢者、障がい者などの旅行をサポートする団体で2007年から活動しています。高年齢、身体的、精神的、言語の四つのバリアの解消に力を入れており、状況に応じた情報提供や補助器具の貸し出し、温泉旅館での入浴介助サービス手配なども行っています。

 利用者は年々増えていて、家族旅行で親孝行できたと喜びの声も届きます。三塩専務は「嬉野はお湯がいい、温泉旅行をあきらめずに相談して」と話します。

 今後は嬉野モデルの充実と嬉野で培ったノウハウを広げていくそうです。UD、バリアフリーの啓発イベントとして2月11日に「第9回湯らっくす」コンサートを開催します。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加