壁紙のデザインをする実行委員会の生徒たちとマスコットキャラクターのあさぎちゃん=佐賀県庁(県提供写真)

 2019年に開く「全国高校総合文化祭(さが総文)」をPRしようと、県教育委員会はパソコンやスマートフォンで使える壁紙をインターネット上で配布している。マスコットキャラクターの「あさぎちゃん」や、焼き物の青海波文様をあしらったさが総文「シンボルマーク」の壁紙を無料で使うことができる。

 総文祭開催前月の19年6月まで、毎月壁紙のデザインや背景色が変わり、季節に合わせた壁紙を楽しめる。デザインは、さが総文生徒実行委員会の高校生たちが佐賀の風物詩や名産物をイメージして考えていく。

 12月は、パソコン用がサンタ帽をかぶったあさぎちゃんとシンボルマークの2種類。スマートフォン用はあさぎちゃんをメインに県木のクスノキなどを添えたデザインで、今月は深みのある赤が背景になっている。

 壁紙は県教育委員会のホームページでダウンロードできる。パソコン用は画面に合うサイズを選び、右クリックで「デスクトップの背景に設定」するか、端末に画像を保存してデスクトップに設定する。スマートフォン用は、長押しで画像を保存して、待ち受け画面に設定する。

 県教育庁さが総文企画広報担当の吉永伸裕さんは「デザインする中で、高校生自身が佐賀の魅力を見つけてくれると期待している。総文ファンの方が楽しめる壁紙を作っていけたら」と話していた。問い合わせは県教育委員会全国高総文祭開催準備室、電話0952(25)7462。

このエントリーをはてなブックマークに追加