唐船城の歴史や有田氏について話す池田〓(徳の心の上に一)馬さん=有田町西公民館

 松浦党の一派、有田氏の居城で来年築城800年を迎える唐船城についての学習会が17日、有田町西公民館であった。郷土史研究家の池田徳馬さん(86)が有田氏の系図や地元に残る伝承などを話した。

 有田町在住で郷土史研究会会長などを務めた池田さんは、有田氏は源氏物語に登場する光源氏のモデルとされる源融の子孫になると説明。有田氏の居城として造られた唐船城は有田氏が7代続いた後、松浦本宗家領となり、1500年代に龍造寺勢に占領された歴史を解説した。また城には埋蔵金伝説があり、多量の銅銭が見つかったことや近年まで空堀が残っていたことなどを紹介した。

 学習会は節目の年を前に、町民に町の歴史を知ってもらおうと、町教育委員会が企画した。

このエントリーをはてなブックマークに追加