多くの金融関係者が参加した強盗対処訓練=神埼市神埼町の佐賀東信用組合神埼支店

 神埼市神埼町の佐賀東信用組合神埼支店(井上晃支店長)でこのほど、強盗対処訓練などがあった。同支店の職員や神埼地区金融機関防犯協議会の関係者など約60人が参加。現役の警察官が強盗の犯人役を演じ、緊迫した状況の中で冷静な判断をするために訓練に臨んだ。

 神埼署の署員が強盗に扮(ふん)して「金を出せ」拳銃を突きつけて脅し現金を強奪。犯人が逃走するとすぐに110番通報し、現場に駆けつけた警察官に逃走した犯人の服装や持ち物、車両のナンバーや逃走方向などを伝えた。訓練後、同署生活安全課の下尾則文課長は「よく観察して正確な情報を提供してもらうことで検挙率が変わってくる」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加