ドライバーに飲酒運転撲滅のステッカーなどを手渡す嬉野小の子ども=嬉野市の鹿島署幹部派出所

 飲酒運転の撲滅を子どもたちが訴えるキャンペーンが16日、嬉野市の鹿島署嬉野幹部派出所であった。嬉野小の5、6年11人と嬉野中2年の生徒会メンバー8人が、嬉野ライオンズクラブ(野中良平会長)とともに通行中のドライバーに呼び掛けた。

 同派出所前を通る車を敷地内に引き込み、飲酒運転撲滅のステッカーとジュース、チラシを約300部配った。子どもたちはやや緊張しながら「飲酒運転撲滅にご協力をお願いします」とドライバーにステッカーなどを渡した。ドライバーも笑顔で「ありがとう」と応じていた。

 福岡市の海の中道大橋で2006年、3人の子どもが犠牲になった飲酒運転事故を受け、翌年から同ライオンズクラブが始めた。飲酒の機会が増える年末に合わせて、子どもたちと協力し実施してきた。嬉野中生徒会長の橋爪大成さん(13)は「テレビなどで飲酒運転の事故はまだよく見る。お酒を飲む時は歩いて行けばいいのでは」と指摘していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加