岡田惠和さん近影

 脚本家岡田惠和さんの講演会が1月13日17時から、佐賀市柳町の浪漫座である。NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」「ひよっこ」、公開中の映画「8年越しの花嫁」などを手がけた脚本家が、全国で初めて一般聴衆に向けて講演する。

 子どもたちの週末や放課後の学びの場を作るNPO「夢の学校」が、教育や社会貢献に携わる人を迎えて開く講演会「教育シリーズ」の第14回として催す。企画した同NPOの山下春美さんは「毎回、聞いた人が元気になる話をしてくれる方を招いている」と話す。

 岡田さんはテレビドラマや映画、舞台の脚本で知られ、「ちゅらさん」で橋田賞や向田邦子賞を受賞。初めて訪れる佐賀で、佐賀の人たちとの交流を楽しみにしているという。同NPOは1月8日まで岡田さんへの質問を受け付ける。

 山下さんは岡田さんについて「優しさにあふれた作品を書く人」と言い、「みんなが笑顔になる講演会になると思う」と話す。

 佐賀の八賢人おもてなし隊による寸劇「あの夜のままで。」も上演。チケットは2000円(ワンドリンク付き)で、同NPO、カフェ楠の森フィリエ、浪漫座で扱う。問い合わせは同カフェ、電話070(4704)4216。

このエントリーをはてなブックマークに追加