天然痘を予防するため、4歳の少年に医師が種痘を施し、それを心配げに見守る佐賀藩10代藩主・鍋島直正の姿を描いた絵がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加