「宝の海を返せ」とシュプレヒコールを繰り返すノリ漁師たち=長崎県諫早市

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、佐賀県西南部地区のノリ漁師ら約100人が18日朝、諫早湾の潮受け堤防付近で海上デモを行った。約40隻が集まり、堤防内の調整池からの大量排水がノリの色落ちに影響しているとして、国や排水門を管理する長崎県に大量排水をしないよう求め、「宝の海を返せ」「有明海を汚すな」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加