常任幹事会であいさつする民進党県連代表の原口一博衆院議員(右から2番目)。希望の党の大串博志衆院議員(右)も出席した=佐賀市内のホテル

 民進党佐賀県連は17日、常任幹事会を開き、現状維持のまま党運営を改革する党再生策の方向性や、立憲民主党や希望の党との統一会派を支持することを確認した。民進出身で希望の党の大串博志衆院議員も出席し、引き続き同県連と連携する考えを示した。

 会合は非公開で行われ、出席者からは「解党なんてとんでもない。リベラルから穏健保守までをしっかり結び、政権交代可能な軸となるべき」「国会が私物化される中、国民に政治を取り戻すために(野党の)結集が必要」などの意見が出たという。

 県連代表の原口一博衆院議員は、10月の衆院選で県内の2選挙区とも民進推薦の候補が制したことを強調し、「佐賀から日本の政治を変える基盤をつくってもらった。一致団結して佐賀モデルを全国に広げていきたい」と話した。

 大串議員は、今後の市町議選などでこれまで通り民進関係の候補を応援する方針を示し、「県内でも民進を軸に野党が連携しなければならない。県連と歩調を合わせて与党に相対峙(たいじ)する勢力をつくっていく」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加