県が配布を始めた御朱縁帳

 佐賀県は観光プロモーション事業「いだく県、佐賀」を盛り上げようと、神社を巡り集める「御朱印帳」ならぬ、人との交流をつづる「御朱”縁”帳」の配布を始めた。

 御朱縁帳は、横8、縦13センチで、1冊で8人分のサインやメッセージを書けるようになっている。約2万部を印刷し、県内のまちづくりの仕掛け人など134人に会いに行くきっかけをつくる。

 県担当者は「人間パワースポットを巡って、御朱縁帳にあなただけの思い出を刻んで」と期待を込める。問い合わせは佐賀県観光連盟、電話0952(26)6754へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加