1日交通課長の山口あずささん(中央)らが街頭で交通安全を呼び掛けた=伊万里市の伊万里駅前

 伊万里市内の警察や行政などでつくる市交通対策協議会は15日、冬の交通安全県民運動の一環で街頭キャンペーンを行った。

 市職員の山口あずささん(28)=黒川町=が1日交通課長となり、川久保正文伊万里署長らとともに伊万里駅前をパレード。道行く人に反射材やチラシを配りながら、安全運転や飲酒運転根絶を呼び掛けた。

 同署管内では11月末現在、交通人身事故件数は前年同期比で約50件少ないが、死者は昨年1年間の2人を上回る6人となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加