8回、黒木優子(左)を攻める小関桃=九電記念体育館

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦は17日、福岡市九電記念体育館で行われ、1階級下のWBCアトム級王者で35歳の挑戦者、小関桃(青木)がチャンピオンの黒木優子(YuKOフィットネス)を3―0の判定で破って新王者となり、2階級制覇を達成した。26歳の黒木は6度目の防衛に失敗した。

 アトム級で男女を通じて日本最多の世界王座17連続防衛中の小関は序盤から積極的に攻撃。ガードを固めて接近戦に持ち込み、アッパーやボディーを打ち込んだ。終盤も手数を減らさず、同じサウスポーの黒木を寄せ付けなかった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加