命や防災について考えるイベントで登壇した大川小卒業生の只野哲也さん(右)=17日午後、東京都大田区

 命や防災について考えるイベント「みんなで防災」が17日、東京都内で開かれ、東日本大震災により児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の卒業生で、自身も妹を失った只野哲也さん(18)が講演した。「つらくても当時のことを思い出して、声に出して言わなくてはならない」と、震災の記憶を伝えていく決意を示した。

 当時、小学5年生だった只野さんは津波にのまれながらも助かったが、3年だった妹の未捺さん=当時(9)=を失った。「悲しい出来事があった大川小の出身だと言えない子が多い。自信を持って胸を張っていけるような未来にしたい」と思いを語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加