大相撲冬巡業の協会あいさつで謝罪する春日野広報部長=17日、沖縄県宜野湾市

 大相撲の元横綱日馬富士関の暴行事件に揺れる中で実施された冬巡業は17日、沖縄県宜野湾市での興行で全12日間の日程が終了した。信頼回復への第一歩となる巡業を終え、暴行が起きた酒席に同席していた横綱白鵬関は「ファンの人が喜んでくれて良かった」と感謝。

 事件は10月下旬の秋巡業中に起きた。被害者の平幕貴ノ岩関の師匠で日本相撲協会の貴乃花巡業部長に代わり、責任者を務めた春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は協会あいさつで謝罪を続けた。春日野広報部長は「心配していたけど、たくさん入っていただいてありがたい。力士はそれぞれ自覚を持った行動をしてもらったと思う」と総括。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加