太良町消防団は4日、事故や災害時のけが人の救助につながる普通救命講習を行った。団員30人が参加し、心肺蘇生や自動体外式除細動器(AED)の使い方などを学んだ。 鹿島消防署太良分署の署員が講師を務めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加