市内外から寄せられた書作品を見入る来場者=小城市小城町の「ゆめぷらっと小城」

 「書聖」と称される小城藩出身の書家・中林梧竹を顕彰する書道展が、小城市小城町の交流施設「ゆめぷらっと小城」で開かれている。17日まで。

 書道展には、園児から社会人まで市内外から約2千点を超える作品が寄せられた。課題は学年別に決められ、幼年の部が「ごちく」、中学1年生は「海外飛香」など中林梧竹に関わりのある言葉を半紙などに揮毫している。

 会場には、梧竹大賞を受賞した佐賀市の赤松小2年三好香恋さんの作品など入賞作約200点を展示。来場者は熱心に見入っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加