かしわめし弁当

 かつてJR肥前山口駅で弁当を手売りしていた仕出し店「常磐(ときわ)軒」の人気駅弁をベースに、町が旗振り役となった「町駅弁研究会」が今年、開発した。同店が辛うじて残していただしの配合などのレシピを参考に完成させた。

 これまで、お披露目の販売会とビッキーふれあい祭りなど計3回販売し、いずれも完売した。かしわめしの上にのりや鶏そぼろ、金糸卵を乗せ、昔懐かしい味わいが人気。

 まだ事業化にはこぎ着けていないが、今後もイベントなどで数量限定で販売する。

このエントリーをはてなブックマークに追加