任期満了に伴う来年3月の神埼郡吉野ヶ里町長選に、町議会議長の伊東健吾氏(70)=豆田=が15日、立候補する意向を明らかにした。再選を目指す現職の多良正裕氏(67)=松隈・1期=も出馬を表明しており、選挙戦となる見通し。

 伊東氏は神埼高校を卒業後、1966年に三田川町役場入り、下水道課や企画課の課長を歴任。2004年、合併前の三田川町長選に出馬したが落選した。10年の吉野ヶ里町議選で初当選し、2期目の14年から議長を務めている。

 伊東氏は取材に、「38年間の職員生活や議員2期の経験を生かし、(事業の)スピード感ある行政にしていきたい。住みたいと思ってもらえる町づくりの推進に力を注ぎたい」と意欲を語った。

 町長選は町議選と同時で3月20日告示、同25日投開票。12月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万3064人(男6295人、女6769人)。

このエントリーをはてなブックマークに追加