年末年始の贈り物として出荷のピークを迎えた真子園芸のコチョウラン=小城市小城町

 お歳暮として人気の高いコチョウランの出荷がピークを迎えている。小城市小城町の真子園芸(真子経徳社長)では、適温に管理されたハウスで約1万本を栽培。31日の大みそかまでで約2千本の販売を見込んでいる。

 2年前に市のふるさと納税の返礼品に選ばれたことなどから、県外からの注文が増加。価格は1本2~4千円で、3本を鉢植えにしたタイプが人気を集めている。

 バブル時代は贈答用としてまとめ買いする企業も多かったが、「今では誕生日など個人の記念日への贈り物として購入する顧客がほとんど」と真子社長。お歳暮は年末年始に満開になるように、数輪のつぼみを付けたものがお薦めという。

 出荷作業は2月まで続き、年内いっぱいは無休。直接購入もできる。問い合わせは電話0952(72)2765。

このエントリーをはてなブックマークに追加