タクシー利用客の還付金詐欺被害を未然防止した運転手の江崎哲司さん=神埼警察署

 ニセ電話詐欺の手口から高齢女性を助けた功労をたたえ、神埼署はジョイックス交通タクシー運転手の江崎哲司さん(64)=神埼市=に署長感謝状を贈った。日頃から利用客へ行っていた声掛けが奏功し、直前で被害を防いだ。

 江崎さんは10月27日昼過ぎ、80代の女性客をスーパーまで送り届ける車中で女性が通話する様子を不審に思い、話しかけた。江崎さんが「買い物ですか」などと尋ねると、「一人住まいで普段は娘が」と女性。江崎さんは「(指定の)スーパーにも行ったことがないようだった。おかしいなと思った」と振り返る。

 その後、女性がATMに向かったことや電話が非通知だったことから、代わりに江崎さんが電話に出た。相手は銀行員を名乗っていたため、支店名を確認したところ答えに詰まり、「女性の行員を行かせる」と言って電話を切ったという。その後、銀行に確認したが該当する行員はおらず、110番した。

 神埼署によると、女性は役所から還付金があると聞いていたらしい。約束の女性行員は現れなかった。

 「愚痴を聞いたり、助言を求められたり。日頃から何気ない会話が楽しみでそれも含めて仕事」と笑顔を見せる江崎さん。タクシーの利用は高齢者が多いことから職場での指導もあったといい、「お客さんが被害に遭わずに済んだことが何より」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加