マツダの新型SUV「CX―8」

 マツダは14日、3列座席の新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―8」を発売した。予約受注は3カ月で7362台と月販目標とする1200台の約6倍に上ったという。

 CX―8はディーゼル車の設定のみで、自動ブレーキなどの先進安全技術を標準装備した。最大7人が乗車できるモデルを用意し、ミニバン利用者の取り込みを狙う。

 燃費は来年10月以降の新型車に義務付けられる新たな表示基準で1リットル当たり15・4~15・8キロ(平均値)。希望小売価格は319万6800円から。

このエントリーをはてなブックマークに追加