第十代佐賀藩主鍋島直正の長女貢姫(みつひめ)が亡くなってから、来年で100年になる。待望の第1子として直正に愛され、薙刀(なぎなた)や乗馬から、書、和楽器、小物細工など文武に励んだ貢姫。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加