佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画の「容認」決議案を佐賀市議会の自民系2会派が提出することを受け、計画に反対する住民の会は14日、2会派に決議案撤回を求める要望書を提出した。

 古賀初次会長らが市議会を訪れ、事務局職員が対応した。要望書では、「地元の代表である議員が、漁業者の漁期終了をまたずに一方的に容認決議を断行することは、住民、市民として容認できない」などと訴え、決議案撤回を求めている。

 古賀会長は「自民が数の力で押し切ろうとしている。安全性の問題があるにもかかわらず、どうして急ぐのか。不信感しかない」と自民会派の動きを批判した。他会派にも容認決議に賛成しないよう求める要望書を出した。弁護士や労働組合などでつくる市民団体「オスプレイ配備反対佐賀県連絡会」も同様の要請書を出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加