佐賀新聞が2015年の戦後70年企画として、14年10月から1年半にわたり掲載した「刻む 佐賀・戦時下の記憶」の一部を再編集・再構成し、電子書籍化しました。

 学研プラスの「ニューズブック」シリーズ最新作として15日から販売します。

 「総力戦の時代」「戦場の現実」「空襲におびえて」「戦後の苦難」の全4巻で、太平洋戦争をさまざまな立場、状況で経験した70人の証言と、当時の佐賀新聞の報道記事を佐賀大学の監修を通して織り交ぜ、戦争の実相に迫ります。

 配信希望価格は各300円(税別)で。Kindleストア、楽天kobo電子書籍ストア、iBooks、GooglePlayブックスなど主要電子書店にて購入できます。

 ※「ニューズブック」は15年11月末に立ち上がった、日本各地の新聞社の良質なコンテンツを電子書籍で全国のお客さまへお届けするプロジェクトです。

▼総力戦の時代
http://newsbook.tokyo/2017/12/14/saga2/
▼戦場の現実
http://newsbook.tokyo/2017/12/14/saga3/
▼空襲におびえて
http://newsbook.tokyo/2017/12/14/saga4/
▼戦後の苦難
http://newsbook.tokyo/2017/12/14/saga5/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加