日英外務・防衛閣僚協議を終え、共同記者会見する(右から)小野寺防衛相、河野外相ら=14日、ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】日英両政府は14日午前(日本時間同日夜)、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をロンドンで開催した。「自由で開かれたインド太平洋地域の維持」を共通の利益とし、英国による安全保障面での関与強化を歓迎する共同声明を発表。北朝鮮への圧力最大化や、新型空対空ミサイルの試作に着手する方針を確認した。自衛隊と英軍の共同訓練拡充を含む安保分野の行動計画を初めて策定した。

 終了後の共同記者会見で、ジョンソン英外相は緊迫化する北朝鮮情勢に関し、圧力強化に言及した上で「軍事的選択肢は避けたい」と強調。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加