調印式典で握手を交わす韓国の文在寅大統領(左)と中国の習近平国家主席=14日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領は14日、北京で会談した。習氏は北朝鮮の核・ミサイル問題を巡り「朝鮮半島で戦乱が起きることを決して許さない」と述べ、対話を通じた解決の重要性を強調。文氏も「中国と共に地域の平和と安定を守りたい」と述べた。中国国営の中央テレビが伝えた。

 北朝鮮問題を巡り、文氏は「朝鮮半島で再び戦争を起こしてはならない」と繰り返し表明してきた。中韓の立場は近く、中国としては圧力を重視する日米を念頭に、韓国との関係強化を進める構えだ。文氏の訪中は5月の就任後初めて。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加