東京MXテレビの番組「ニュース女子」の一場面

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、沖縄の基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、裏付けが十分でない内容の番組を適正な考査を行わずに放送したなどと指摘し、「重大な放送倫理違反があった」とする意見を発表した。MXのチェック体制の甘さを厳しく批判した。

 対象番組は1月2日の放送で、外部の制作会社による“持ち込み番組”。沖縄の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯建設工事に反対する運動の参加者を「テロリストみたい」などと表現し、反対派による救急車の運行妨害があったとも紹介していた。

 検証委は沖縄で現地調査した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加